Top > 雇用契約書

雇用契約書

雇用契約書は、雇用契約を結ぶときに必要とされる契約書のことをいいます。雇用契約は、労働者と使用者がそれぞれ対等となる立場で自由に契約内容を決めて契約するものなのですが、中にはお金を支払う使用者の立場が強いために働く人にとって不利な条件で契約するということもあるのです。雇用契約書は、書面でいろいろ確認することができる大事なものになるのです。雇用契約を結んだら、まずは雇用契約書をチェックしてみましょう。

この雇用契約書に記載されている項目ですが、厚生労働省が薦める様式というものがあります。内容は、労働契約期間や、業務内容、賃金、就業場所、時間外・休日勤務、休日・休業など、有給休暇、解雇、懲戒、退職、始業・終業・休憩の時刻などです。

雇用契約書でも特ににチェックするところがあります。たとえば、退職の項目ですが、ここでは会社(使用者)側の都合の良い内容になっていないかどうか、労働者の権利でもある有給休暇はどうなっているのか、解雇は労働者が一方的に身分を失ってしまうような内容ではないかどうかなどです。

雇用契約書などの契約書は、会社名や個人名を甲と乙で表記しています。契約書自体内容が少し難しいので読んでもなかなか理解できないかもしれませんが、大事な契約なのでじっくり読んでおきましょう。雇用契約書は、仕事をしていく上で大事な条件などが記載されているので、雇用契約書を受け取ったら必ずじっくり目を通すようにしましょう。

事業主の方は、雇用契約書を作成しなければならないかと思います。従業員を採用するときには、労働時間や賃金などの労働条件をしっかり明示しなければなりません。これは、労働基準法第15条で義務付けられているのです。会社でよくもめている事例はさまざまあるのですが、たとえば、残業0といっていたはずなのに実際に残業させられている、給料が少ない、最初に言っていた休日と実際にもらえる休日が少ないなどです。このようなトラブルを未然に防ぐためにも雇用契約書はとても大事な役割を果たします。

雇用契約書の作成は、インターネットを利用すると簡単に作成することができますよ。インターネットでは雇用契約書のテンプレート(ひな形)が公開されています。テンプレートを利用することで、契約書作成が良くわからないという方でも簡単に作れてしまうのです。また、雇用契約書など数々の契約書を作成できる行政書士などに依頼するのも良いですね。

 

 アトピー 薬物療法  インプラント 新宿  顔のたるみ解消法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
雇用保険料(2009年9月 7日)
雇用契約書(2009年9月 7日)
トライアル雇用(2009年9月 7日)
障害者雇用(2009年9月 7日)
産業雇用安定センター(2009年9月 7日)