雇用保険最新の記事

雇用保険料

雇用保険料率は各企業が行っている事業の内容によってさまざまです。平成19年4月1日から雇用保険料率が適用されるようになってからもこの率は異なっています。雇用保険料は一般事業と建設業、農林水産および清酒製造事業と大きく分けて3つに別れていきます。

一般事業の場合、雇用保険料の保険料率は15/1000となります。清酒製造事業と農林水産の雇用保険料の保険料率は17/1000となります。そして、建設業の場合、18/1000となります。

被保険者が負担する額は、一般事業の場合6/1000となり農林水産清酒製造業の場合7/1000、建設業の場合7/1000となります。この計算方法ですが、被保険者の負担する金額は賃金総額に雇用保険料率を乗せて計算すると出てきます。たとえば、一般事業に勤めている方のお給料が20万円だった場合の雇用保険料は200,000×6/1000=1,200円となります。

雇用保険料の被保険者負担分を計算するウェブサイトがあります。非常に簡単ですので一度覗いてみてください。ここでも一般事業と農林水産清酒製造事業、建設事業と3つに別れていて、総支給額となる賃金を入力すると計算されるのです。半角で入力する必要があります。とても簡単に計算できるのでぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。現在では平成20年度版が公開されています。

雇用保険料の支払いについて疑問に思う方も多いようです。この支払いですが、今現在何年も働いていた方が自分の都合で会社を退職するときに失業保険は支払われるのかどうかと疑問に思う方が多いようですね。

雇用保険料は毎月のお給料から引かれてきていて、退職するときにきちんと失業保険が支払われるのか否か。これは、自分の都合で退職する場合、3ヶ月間の給付制限というものがあります。再就職活動をして失業認定を受けることで支給されるようになります。ですが、再就職活動などをしない場合は支給されなくなってしまうので注意が必要となります。この場合は、働いている会社から発行されている離職票と雇用保険被保険者証も必要となります。これらを持って住所地を管轄しているハローワークに持っていきましょう。離職前12ヶ月の平均月額賃金のおよそ60%が受給額となります。

雇用保険料についていろいろ詳しく知りたいと思っている方は、インターネットを利用するといつでも気軽に雇用保険料について調べることができます。また、公共職業安定所(ハローワーク)などでも雇用保険料について詳しく説明してくれますよ。ぜひ、さまざまな角度から保険料について調べてみてください。

 

 夏のジャケット  インポテンツの克服法  ダイエットに効くサプリ

雇用保険について

雇用保険料の支払いについて疑問に思う方も多いようです。この支払いですが、今現在何年も働いていた方が自分の都合で会社を退職するときに失業保険は支払われるのかどうかと疑問に思う方が多いようですね。
カテゴリー
更新履歴
雇用保険料(2009年9月 7日)
雇用契約書(2009年9月 7日)
トライアル雇用(2009年9月 7日)
障害者雇用(2009年9月 7日)
産業雇用安定センター(2009年9月 7日)